タバタビトのフィンランド

タバタビト(tavatabito)は、あくまでも「イチ・フィンランドファン」という観点から、
主にフィンランドの文化的なことを伝えています。

<< ヘルシンキ動物園【フィンランドでウェディング、しかも子連れ】 | main | サウナコテージ(後編)【フィンランドでウェディング、しかも子連れ】 >>
サウナコテージ(前編)【フィンランドでウェディング、しかも子連れ】
0

    子育てを理由(言い訳)に、なかなかブログを更新できない汗
    腰の重いでおなじみの?!タバタビトです。
     
    この夏に子連れでフィンランドへ行き、ウェディングパーティをしてきました。
    今更ながら、その旅の報告を少しずつしていきますので、どうぞお付き合い下さい。
     
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     

    前回は、「ヘルシンキ動物園」の様子をお伝えしました。今回のテーマは……サウナコテージ(前編)です。

    フィンランド人にとって、サウナは生活に欠かせないものです。そして彼らはサウナコテージで過ごす時間をとても大事にしているように見受けられます。私もこの場所で過ごす時間が大好きで、今回もウェディングパーティの次にプライオリティの高いアクティビティでしたびっくり

     

    ホストファミリーのサウナコテージのある場所は、家から車車で2時間ほどの場所にあります。湖畔にあるそれは、まさにプライベート空間。裸で過ごしていても人の目も気にならないびっくり自分たちのたてる音(声)以外には、鳥のさえずりしか聞こえないほど静かで安らぐ場所です。サウナはもちろん、ご飯も薪をくべておこした火で調理し、トイレもぼっとん。文明の利器からちょっと遠ざかって、不便を楽しむ、自然と親しむ、そんな場所です。

     

     

    湖の透明度は高く、泳いでいる魚も見えるくらい。この日の水温は20度近く。サウナ家で十分に温まったら、湖で泳いで泳ぐを繰り返します。

     

     

    ファミリーのサウナコテージには、サウナ併設の母屋、バーベキューができる小屋、ベッドルームが2部屋ある小屋があります。飼い猫ちゃん猫も一緒に来ています。

     

     

    ママは周辺にある白樺から、ヴィヒタを作ってくれました。サウナの中でとても心地よい”香り”と”刺激”が感じられます。ムスメ氏もパシパシっとやっておりました(笑)

     

     

    お昼寝中のムスメ氏。自然の中で遊んで疲れて、明るくてもぐっすりです。

    それでは、今日はこの辺で……バイバイ

    次回、サウナコテージ(後編)をお楽しみに☆

     

     

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    カッコ今までの記事カッコ

    ■1才児とフライト

    ■オムツやベビーフード

    ■ヘルシンキ動物園

     

    JUGEMテーマ:北欧 フィンランド

    | タバタビト | 子連れでフィンランド | 17:04 | - | - |

    一番上へ